2016年7月01日

お客さまに合わせてご案内しておりますが、
タイトル通り、
「肌に何もつけない日」というのをお薦めする時があります。

最近お客様のお悩みで、
「肌が弱い」「乾燥肌」「洗顔するとピリピリする」というお客様がけっこういらっしゃいます。

こちらのブログでも何度か書かせて頂いていますが、
手を加え過ぎてしまっている肌が多いんです。

「手を加える。」には様々な事が含まれるのですが
手を加え始めるきっかけは、お客様によって本当に様々です。

肌トラブルには原因がありますが、
目に見える肌トラブルになるまでにはそのプロセスがあり、
最終的に角層に変化が起こります。

肌トラブルには、
角層のコントロールがとても重要なポイントなのです!

話を最初に戻しますと、
メイクも含めた「肌に何もつけない日」を1日でも作ると
本来の角層の状態に近づき、自然な肥厚をしていきます。

最近では「育菌」という言葉も頻繁に聞くようになったと思いますが、
常在菌は角層や毛穴の中に住んでいます。

正しいステップを踏んで手をかけてあげると
肌は手をかけた分、狙い通りにちゃんと返ってくるんですよ!

それは、本来の素肌を取り戻すことなんです♪

2016-07-01

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 最近の投稿

  • 2016年7月
    « 5月   8月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー

  • アーカイブ