変化が遅い肌とは

前回のお話の続きを詳しくしたものになりますが、
ニキビや吹き出物がある、いわゆるトラブル肌に対してエステケアを行った際に、
その変化が遅い、好転までに時間のかかる難しいお肌状態とは、
「過去に肌本来の性質を弱めてしまった肌」ですとお話しました。

私たちのお肌には、外からの刺激から守っている「天然のクリーム」があります腕。
天然クリームとは、私たちのお肌にもともと存在する
汗や皮脂、老化角質が混ざり合ったもので、
基礎化粧品のクリームと同じような、表皮をカバーして保護の働きをしてくれています笑顔 

ただ、この天然クリームはバランスが重要で、
過去に強いお薬や肌に悪い成分が含まれている化粧品を使い続けた事によって
これらの汗や皮脂、老角質のバランスを乱し、結果的に肌の性質を弱める原因の一つとなります涙

トラブル肌に良かれと思い使用したモノ(ケアなど)が、場合によっては改善の妨げとなる可能性もあるのですなっ・・・なんと!

北村サトちゃん