8月~9月の肌を知る。

8月は1年の内で紫外線のUV-A,UV-Bともに最も多い時期です。
同様に気温も最も上がりますが、
湿度も同じく高いため、肌にとっては水分が蒸散されることがなく
水分量は多い時期といえる為、乾燥肌には優しい時期とも言えそうです。
そんな条件が揃っていても私たちの肌は夏でもしっかり乾燥肌になります。
原因は、皆さまもご存知のように
紫外線による日焼けです!
最も多い紫外線量に合わせて
肌はメラニンをたくさん作り出し、肌より下を必死で守っています。
紫外線を受けた肌はどんどん角質肥厚していくのですが
角層の状態がアンバランスの為、乾燥も起こり、
ごわごわの固い、血色の悪いお肌を生み出します!!
また、
もともとあったシミ(過去にメラニンの排出がうまくいかなかったせいで残ったシミ)などは
何もケアをしないと年を追うごとに紫外線を浴びて濃くなっていきます。
夏の日焼け対策とは、
まずは日焼け止めで紫外線を直接浴びること自体を防ぐのが第1ですが、
浴びてしまった肌に対して行うケアも重要です。
ロエヴェの紫外線ケアを
細かく分けると下記のようになります。
●浴びる前のケア(ロスなく日焼けを防ぐ。用途に合わせた日焼け止めの選択)
●浴びてすぐのケア(メラニン生成前)
●浴びてからのケア(メラニン生成後)
●日焼けが落ち着いてからのケア(いたわり保湿、メラニン排出)
紫外線による影響は、肌色の変化はもちろんのこと、
何よりも角層の状態、弾力を著しく悪くします。
それはつまり、お顔の見た目の状態を悪化させること。
夏は夏肌専用のこまめなケアが必要なんですね♪
肌がごわついてきたな~と感じてきたら
サロンケアで復活!
お気軽にご利用くださいませ!