肌荒れあるある

今日は肌荒れあるあるのお話ですニコニコ

 

初回のお手入れは

角質層のバリアが健康な状態かを診てからコースを組み立てます。

 

角質層内のバリア機能が低下している肌の特徴は、

赤みが出やすい、痒ゆみやひりつきが出やすい。等ですが、

 

このような状態の肌全体にバリア機能を回復させるケアを一気に行っても、

なかなか回復しない部分が出たりします。(部分的に)

 

お客さまに変化が乏しい旨をお話しし、

普段から何かそこだけ違うことをされていないか聞いていくと、

多いのは、

「塗り薬を塗っていた」、「ピーリングをしていた」、「よく触ってしまうんです…」などです。

 

このように、肌は良くも悪くもとっても正直!

過去のホームケアや、癖などの積み重ねで今の肌が作られます。

その肌に合った正しいケアを選択することで

必ず素肌は健康的に変化していきます音符