2018年4月05日

4月に入ってもお客様から、

「まだマスクが手放せないです…」といったお声を聞きます。

そうです。花粉症です。

通年でみても割と肌が荒れやすいお客様が多いように感じます。

乾燥も含め、アレルゲンに対して肌の防御力が弱っているケースがあるといえると思います。

特にアトピー肌の30%程度の方には花粉症皮膚炎の症状が現れる事が明らかになっているんです。

 

花粉症皮膚炎の症状として、

皮膚の薄い目の周りに赤みがでてかさつく。等がありますが、

単にそういったアレルゲンでの反応以外にも、

目が痒くなり、掻き過ぎて目の周りだけ特にひどく肌荒れしてしまっているお客様が多いです。

こんな風に話している私自身も花粉アレルギーがあり、年によってはひどい症状が出るんです。。。

 

実は、花粉は鼻などの粘膜から取り込まれる以外にも、

肌のバリア機能が弱っていると、肌からも取り込まれることが分かっています。

例えば乾燥がひどい肌状態などはアレルゲンに対して無防備な状態!!

 

アレルギー検査で花粉の数値が高い方は、

乾燥肌の状態を放置すると、これからの時期は当然に肌荒れが起こりやすく、

しかも長引きやすいのです。

 

なので毎年この時期になると花粉症対策の素肌洗浄のフェイシャルコースを行います。

汚れや原因物質を洗浄し、保護クリームでカバーして整えるシンプルなコースですが、

痒み、赤み共にスッキリするので人気のコースです音符

 

この時期ならではの肌荒れ、ご相談はお気軽にお問い合わせくださいルンルン

 

2018-04-05

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です